ぎっくり腰(急性腰痛症)になってしまったら | 東海市の名和接骨院
名和接骨院スタッフブログ

@nawasekkotsuin

ぎっくり腰(急性腰痛症)になってしまったら|2016.1.25

こんにちは(^O^)

東海市の名和接骨院です。

 

10数年に一度の大寒波がやってきました!!

名古屋でも雪が少し積もったり、路面の凍結などで外出するのが大変な天気ですね。

車で外出される方は、くれぐれも交通事故には気をつけてください!!

 

さて今日は最近、名和接骨院にこられる患者さんに多い、ぎっくり腰(急性腰痛)についてお話します。

ぎっくり腰とは、突然、腰を襲う激しい痛みです。

 

朝の洗顔で腰をかがめた時や、重いもの持ち上げようとした時など、ぎっくり腰になった瞬間が

はっきりしている人もいますが中には、ぎっくり腰になったきっかけがよくわからず、

突然の激しい腰の痛みにびっくりした、という患者さんもいます。

 

ふとしたなにげない動作に伴う時やくしゃみをした時など、腰に激痛が走るきっかけがあり

姿勢や腰のへの注意力が低下している時にギクっと痛めてしまうことが多いです。

ぎっくり腰になってしまうと、布団に横になると、起き上がることが大変で

トイレに行くのもひと苦労だったと患者さんからよく聞きます。

 

ぎっくり腰になってしまったら、直後は痛めた部位を冷やすことで痛みが和らぐことがあります。

1日数回、10分程度氷などで冷やして安静にしてください。

 

冬場だと、寒さで痛みがあると勘違いしてホッカイロで温めて痛みが強まった、という患者さんもいました。

ぎっくり腰は、急性の捻挫のようなものなので、患部を冷やすことで痛みが和らぎます。

また、腰用のコルセットを付けることで、腰を安定させると楽になります。

 

2~3日すると少し動くことが出来るようになりますので、簡単なストレッチや

安静にしていた期間に凝り固まってしまった筋肉をマッサージすることで回復が早まります。

 

また、何度もぎっくり腰になってしまう人は以前にぎっくり腰になった時に

腰をかばう姿勢で生活していた結果、その癖がついてしまい、ぎっくり腰が治った後の

日常生活でも姿勢が悪いまま、間違った筋肉の使い方をしている可能性があります。

 

名和接骨院では、自宅で自分でできるストレッチの方法なども施術の中で指導していますので

ぎっくり腰の再発を防ぐこともできます。

 

ぎっくり腰の治療は、初期の対処のしかたで、治癒までの期間が大きく変わります。

たかがぎっくり腰と侮ってはいけません。きちんとした治療を早期からうけることで治療期間も短く

再発もしにくくなります。

 

もし、ぎっくり腰になってしまったら、名和接骨院にお越しください。

 

♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.

名和接骨院
〒476-0002 東海市名和町3-92
小島オフィスビル1F
TEL/FAX. 052-601-7444

平日 午前8:00~12:00
午後4:00~8:00
土曜 午前8:00~12:00
※祝日は関係なく診療しております(^O^)

★ Facebookもやってます!!

♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.

お問い合わせ・ご予約はこちら

名和接骨院【TEL】052-601-7444 お気軽にお電話下さい
TOPへ戻る