名和接骨院の鍼灸治療について | 東海市の名和接骨院
名和接骨院スタッフブログ

@nawasekkotsuin

名和接骨院の鍼灸治療について|2016.8.22

鍼灸師 荒谷健一         経絡治療が得意です!!

所属  漢方鍼医会  /  愛知県鍼灸師会

 

荒谷3

経絡治療とは・・・

経絡とは東洋医学でいう「気」と「血」が流れる道のことです。

人間には14本の経絡が通っており、経絡上にあるものが経穴(つぼ)です。

この経絡の流れが滞ると体調が崩れたり、痛みなどの原因となったりします。

名和接骨院では、脈診をして、不調の原因となる場所の経穴(つぼ)を刺激することで、体そのものを整えていきます。


<鍼治療の効果のある症状>

頭痛・眼精疲労・肩こり・腰痛・アレルギー性鼻炎

 小児はり(夜泣き・かんの虫) ※小児はりでは鍼は刺しません

鍼

鍼治療の様子

鍼治療では・・・

名和接骨院では、日本製ディスポーザブル鍼を使用しており「髪の毛ほどの細さ」、「完全密封」、「使い捨て」の安全性の高い鍼を使用しています。

ディスポ鍼

小児はりは、経絡に沿ってサーッとなでながらさすったり、トントンと軽く叩いたりと、とても気持ち良いものなのでお母さんも安心です。鍼は爪楊枝くらいの大きさの棒状のもので刺すものは使いません。

P1000366

小児はり用の鍉鍼(ていしん)

 

 


<灸治療の効果のある症状>

下痢・便秘・冷え性・不眠・食欲不振・逆子治療

灸治療

直接灸の様子

◆灸治療には、『間接灸』と『直接灸』の2種類があります

『間接灸』は、もぐさを直接皮膚につけず温めることを目的とした温灸のことです。

もぐさと体の間に濡れた紙や、塩などを挟んでする『隔物灸』を行います。

灸自体は、決して熱くなくポカポカと気持ちが良くなります。

『直接灸』は、もぐさを小さく円錐状にひねって直に皮膚にすえていくお灸のことです。熱さを感じたらすばやくもぐさを取り除いてしまう『知熱灸』という方法で行います。

全く熱くないといったら嘘になりますが、一般に思われているように熱いというほど大げさなものではありません。通常、半米粒大やごま粒大ですえていくことが多く、この程度の大きさですと、ハリでチクリと刺すほどの感覚です。

名和接骨院の鍼灸治療に興味のある方はこちらのページもご覧ください!!

鍼灸施術メニューについてはこちら

名和接骨院のフェイズブックページはこちら

♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.

名和接骨院
〒476―0002 東海市名和町3-92
小島オフィスビル1F
TEL/FAX. 052-601-7444
平日 午前8:00~12:00
午後4:00~8:00
土曜 午前8:00~12:00
※祝日も診療しております(^O^)

★ Facebookもやってます!!

♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

名和接骨院【TEL】052-601-7444 お気軽にお電話下さい
TOPへ戻る