足裏の痛み(足底筋膜炎)

  • 起きた時に足をつくと激痛がある
  • 歩くと足の裏・かかとが痛い
  • 土踏まずやかかとを押すと痛い
  • 立ち仕事をしていると足の裏が痛い
  • 足の裏が痛くてスポーツができない

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎とは、足の指からかかとまで足の裏に薄く張り巡らされた組織のことを足底筋膜と呼び、そこに小さな断裂などを起こし炎症を起こしたものを足底筋膜炎といいます。

足の骨はアーチ構造によって体を支えています。そのアーチ構造を弦のように支えているのが足底筋膜です。長い時間立っていたり、ランニングをすることにより足底筋膜に繰り返しストレスが加わり足底筋膜の変性・小断裂などを起こし炎症を引き起こします。

 

名和接骨院の<<足の裏の痛み>>の施術とは

超音波施術

名和接骨院の足底筋膜炎の施術には温熱作用と音圧作用のある「超音波施術」を行います。超音波施術は組織の柔軟性を高め筋肉の収縮機能を改善する。痛み受容器の膜に影響を与え痛みを緩和する。などの作用があり早期改善にオススメいたします。

ストレッチ・テーピング

足底筋膜以外にも足の指の筋肉や足首を動かすための筋肉に対してストレッチやマッサージを行い血流をよくすることで足底筋膜にかかるストレスを軽減していきます。必要に応じてテーピングも行ないます。

骨盤矯正

根本改善のためには、日常生活の姿勢の改善や足の機能の改善が必要です。身体のバランスが崩れ、片方に負担がかかっていては足にかかるストレスはなかなか改善しません。名和接骨院では、スポーツ活法という骨格矯正法により骨盤、背骨を整え、左右の筋肉のバランスを調整することで自然治癒力を高め、足の筋肉の再教育を行い根本改善へつなげていきます。