肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘)

  • タオルを絞ると肘が痛む
  • ドアノブを回すと肘が痛む
  • スイングをすると肘が痛む
  • 手首を反らせると肘が痛む
  • 物を握ると肘が痛む

テニス肘・ゴルフ肘とは

◉テニス肘とは

肘の外側の痛みを通称「テニス肘」正式には「上腕骨外側上顆炎」とよんでいます。
テニスのバックハンドのストロークにより痛みが発生する為、テニス肘と呼ばれていますが、実際にテニスが原因とされるものは1割程度とされています。
タオルを絞る動作、ほうきや掃除機を使う動作などの手首を反らせる動作を繰り返し行うことにより手首を反らせる筋肉の付着部である「上腕骨外側上顆」にストレスが加わり肘の外側に痛みが発生するとされています。

◉ゴルフ肘とは

ゴルフをされている方に起こる肘の内側の痛みを「ゴルフ肘」と呼び、正式には「上腕骨内側上顆炎」と呼ばれるスポーツ障害です。
ゴルフでダフったり、クラブを握る手に力が入っている状態でスイングを続けることが原因といわれています。本来、物を握る動作では手首は反るのですが、物を握った状態で手首を手のひら側に曲げる動作を行うことにより、筋肉の付着部である「上腕骨内側上顆」にストレスが加わり肘の内側に痛みが発生するとされています。

名和接骨院の<<テニス肘・ゴルフ肘>>の施術とは

痛みの強い急性期

高電圧電気刺激を深部組織に到達させ、直接患部にアプローチする事のできる「ハイボルテージ施術
組織の柔軟性を高め筋肉の収縮機能を改善する「超音波施術
などの施術器がオススメです!

強い痛みが緩和したら

手首を反らせる筋肉(伸筋群)手首を手のひら側に曲げる筋肉(屈筋群)のストレッチマッサージをおこない、筋肉緊張の改善、筋肉の柔軟性向上、関節可動域の回復をさせていきます。その他、テーピングや、セルフストレッチの指導などを行なっていきます。

根本改善のために

肘に症状が出ているため、手首や前腕の筋肉群の影響はありますが、根本的な原因はそこだけではありません。肩や肘を動かすための土台は骨盤・背骨です。普段から姿勢が悪く、骨盤・背骨がゆがむことにより左右の筋肉のバランスが崩れ肩や肘に痛みや不調が出ます。
名和接骨院では、スポーツ活法という骨格矯正法により骨盤、背骨を整え、左右の筋肉のバランスを調整することで自然治癒力を高め、根本改善へつなげていきます。