捻挫・打撲・肉離れ

  • 足をひねってしまい歩くのが困難
  • 転んだ際に手をついて痛い
  • 力を入れた際にふくらはぎを痛めた
  • ぶつけたところが腫れて痛い
  • 痛みは軽くなったが動かしにくい

捻挫・打撲・肉離れとは?

◉捻挫とは

関節に許容範囲を超えた動きが強制されたときに、関節周囲の組織である関節包や靭帯を損傷してしまった状態のことをいいます。

症状は、ケガをしてしまった部分の痛み、腫れ、熱感などの炎症を伴います。重度の場合は骨折や脱臼の可能性を疑わなければなりません。

◉打撲とは

転倒などにより、ぶつけてしまった部分に内出血によるアザや腫れ・熱感などの炎症を起こしてしまった状態のことをいいます。

ぶつけてしまった部分にもよりますが、重度の場合は骨折や内臓損傷の可能性を疑わなければなりません。

◉肉離れとは

筋肉に力が入っている状態の時に、強制的の引き伸ばされたことにより、筋肉組織や腱が損傷してしまった状態のことをいいます。

太ももやふくらはぎなどの下肢に発生することが多く、微細な損傷から筋断裂のような凹みを確認することができる重度の場合もあります。

名和接骨院の<<捻挫・打撲・肉離れ>>の施術とは

名和接骨院では、軽度の場合には、アイシングやテーピング・包帯による固定はもちろん行いますが、それ以外に、
強い痛みを抑える為の「ハイボルテージ施術
損傷組織の修復能力の向上の為の「マイクロカレント施術」などの物理療法
損傷してしまったことにより機能が低下してしまった筋肉・関節に対して「手技での施術
その後トレーニングなどの「運動療法
を行い早期の競技復帰や後遺症を残さない施術を行っていきます。

重度の場合では、骨折などの可能性も疑い連携させていただいているクリニックへご紹介させていただきレントゲンやMRIなどの検査により骨折の有無を確認していただいてます。
必要に応じてギプスなどの強固な固定を行い、クリニックと連携して施術を行っていきます。